WORKS

エステティックサロンに行きたくなる時ってどんな時ですか?


女性は、いろいろな役割があって、仕事をしていたり、主婦だったり、母だったり。

たくさんの役割の中で、手一杯になっているのに、他からの要求は容赦なくくる。

そしていい人真面目な人であるがために、それに答えようとして、完璧にやりたくなる。

ついつい無理しちゃってる。


そんな時のあなたに寄り添いたい。

着飾った完璧なあなたではなく、人間味のあるちょっと色のついた自然なあなたに戻れる場所にナチュラルアイボリーがなれたら、嬉しいのです。

素のままのあなたに戻れる場所。

心安らげて、自信をなくしかけてたあなたにエールを送れる場所でいたい。

エステティックの力を使ってあなたに魔法をかけますよ。


ナチュラルアイボリーでのフェイシャル、ボディのハンドマッサージは完全オリジナルです。

手技は音楽と同じで、ふとした時に1フレーズがふと湧き出てきます。

その1つ1つをつなぎ合わせて、1コーラス分が出来上がる。

それをAメロ、Bメロ、サビ、A'メロ、B’メロなどと全体を統制する。

ね、音楽でしょ。

その手技も、どこの場所にどんな効果があるかを考えての手技だったり、いや、そればっかりだと面白みがないから、そこに装飾的な見栄えのいい手技をつなぎにいれこんでみる。

単純な動きだとやっていて飽きるので、10本の指を1本ずつ細かく動くような技術的な手技と、単純だけど、タッチングをじっくりと味わうような手技を組み合わせたりする。

手技が日々湧き出てくるから、自然と微妙に変化しています。

ハンドマッサージは職人としてのプライドのひとつ。

毎日が精進です。

 ナチュラルアイボリーをどんなサロンにしたいかってことについて。

普通の1軒屋ですよ。

あまり顔出ししてないのですよ。だれがやっってんの?って思われてるんだろな。


そこでやってるエステなんてちょろいんじゃないの?

って思われる気がするのです。

というか、そのあたりが自分自身が引け目に思っているところってことってことですね。

人は、引け目に思うところがあればあるほど、他の部分でカバーしたくなるもの。

私はね、


絶対、技術でカバーしてやる!と思っている。

技術。

技術。

本物のエステってものを示したる。

ちょろい、なんて思った人、見とれ!と思っとる。

普通の一軒家で本格的・専門的・マニアック的・エステをするのさ。

びっくりさせるのさ。



ナチュラルアイボリーにどんなお客様がきてほしいか、って話。

一言でいえばね、長いお付き合いができるお客様。

任せてくれる方。信頼してくれる方。

信頼されればそれに応えたくなる。

信頼されるように毎回を精一杯出し切る。

慣れ親しんだお客様だからこそ気は抜けない。

また逆に初めてのお客様には、信頼してもらえるよう自分のありったけの力を出し切る。

技術で認めてもらいたい。

それがわかるお客様。

そこを求めているお客様。

そんなお客様ばかりのナチュラルアイボリー。

いわゆる「違いがわかる」方。

通の方の御用達サロン。

おひとりをじっくりと見つめて施術をするサロン。

エステティックの施術の中でもエイジングケア、大好きです。

得意、です。

リフトアップしていて、お肌もツヤツヤになって、お目目もぱっちりしていて、

そんな仕上がり、見たくて見たくて( ^ω^ )

たくさんの方にエイジングトリートメント、したいな。

住宅街の自宅サロンです。なので高級な雰囲気なんてありません。

それでも、自信はあります。

腕に自信があります。

今まで世界が認めるエステサロンとして日本で認定を受けたのは10サロンしかありません。そのうちのひとつとして、高級サロンを経営していました。

美容通のお客様たちにご愛顧いただいていました。

理論と経験、テクニック、すべてを駆使して全力で施術に向き合っています。

納得できる施術しかしたくない、私のポリシーです。

お任せください。